top of page
  • 執筆者の写真Ai' Blog

『ローズのこと』

更新日:2023年8月22日




(English follows)



5月、6月はバラの花が美しく咲き誇る季節。


通学路で、ご近所さんの庭で、いつもの散歩道の片隅で、


「やっと私たちの季節がきたわ!」と叫ばんばかりに、誇り高くそして可憐に花開く。


ワインレッド、ベビーピンク、ライトイエローに、眩しいほどのピュアホワイト。


小さいのや大きいの、ツボミがいっぱいのやもう少しで咲き終えてしまうもの。


どれもそれぞれに可愛くて、思わず足を止め魅入ってしまう。




「ポエティーク・ビジュー」のデビューとして発表した『R O S E』コレクション。


よく、このコレクションをご覧になるお客様から、


”バラがお好きなんですね!”と言われることが多いけれど、


実はこの『R O S E』コレクション、


インスピレーションになっているのは、お花のバラだけではないのです。


もちろん、バラは大好きな花の一つですが!



*



『R O S E』はメイドとして働くある女性の名前。


これは彼女のストーリーです。




完璧主義で常にしっかり者のローズは、責任感のあるとても頼もしい大人の女性。


一番上まできゅっとボタン留めされた、アイロン済みの真白いブラウスに、


櫛で綺麗に整えてきつく束ねた髪(そう、一本の乱れもなく!)、


マットなワインカラーの口紅は、少しのヨレもなくいつでも完璧に引かれている。


職場じゃぁ、誰も聞こうとしないから、


彼女のプライベートは謎のベールに包まれたまま。



「ねぇ、ローズって恋人いるのかしら?」


「きっと独りよ、毎晩9時にはちゃんとベッドに入ってそう!」


「彼女ってお家でもあんなにきちっとしてるのかしら。。?」


「正に”ミニマリスト”って感じよね。」





ある金曜日の夜遅く、


最後に仕事を終えたメイド仲間の一人が帰ろうとした、その時でした。


(あら、これきっとローズの忘れ物だわ!)


更衣室の鏡の前に、きれいな”彫り”のある小さなつげ櫛があるのに気が付きました。


こんなものを持ち歩くのは、ローズの他にいませんから。


(明日は土曜日か。。そうだわ、お家に届けてあげましょ!)




あくる日の午後3時過ぎ、


彼女は、少し緊張した面持ちでローズの家へと向かいました。


(デニムなんてはいてきちゃった。。。こんな格好で気を悪くしたりしないかしら?)


ピンポーン。


彼女は一度大きく深呼吸して、思い切ってブザーを鳴らしました。


「はーい、今開けまーす!5階へいらして。」


なんだかいつもと違うローズの声。


(あれ??住所を間違えたかしら??)


アンバーの香る古い木の階段を、一歩一歩不安げに上って行くと、


大きな扉の前でローズらしき女性が立って待っていました。


「いらっしゃい!さぁ、どうぞ中に入って。」


(あら、なんだか別人みたい。。)


ローズがゆっくりと扉を開け、彼女が一歩足を踏み入れたその瞬間、


「わぁー、素敵っ!!」


彼女は思わず声をあげてしまいました。


そこで彼女が目にしたのは・・・





大きなガラス窓から差し込む、柔らかい陽の光。


それに照らされて輝く、ピンクベージュ色の広いリビングルーム。


イギリス風のアンティーク家具が、部屋中にセンス良く置かれていて、


レースのカーテン越しには古い詩集がずらりと並べられている。


(ページが開いている、読みかけかしら?)


そして、真ん中の大きな丸テーブルの上には、


淡いピンク色の見事なバラのブーケが綺麗に飾られて、


なんとも優しい香りが部屋中に漂っている。


ハァ〜、と思わずため息。





「アールグレーでいいかしら?」


玄関で立ち尽くす彼女の気を引くように、そっとお茶を勧めるローズ。


そこでやっと、彼女はそれが本物のローズだと気づく。


ソファに腰を下ろして、優雅にお茶を入れる彼女の姿は、


まるで別人を見ているよう。。。


自由にほどかれて下ろされた柔らかそうな髪、


シルクのローブを無造作に羽織って、


大胆に開いた胸元で光るのは、クラシックなチェーンのネックレス、


長いピアスが耳元で大きく揺れてる。


あの、堅苦しいローズが?!


アールグレーをゆっくりとすすりながら、とってもリラックスした優しい笑みを浮かべてる。


こんなローズ、見たことがないっ!!



そのうち、


奥の部屋からオペラの音に混じって、誰か男の人の声がしたと思うと、


「ダーリン、ちょっと散歩に行ってくるよ。」


だって!!!



*



これは秘密でも何でもない、ローズのこと。


堅苦しいユニフォームを脱ぎ捨てた瞬間に溢れ出る、優しいフェミニ二ティー(女性性)。


女性が魅力的なのは、いつでも異なる二面性を内に秘めるから、とまるで彼女が教えてくれているよう。


でも、ローズ本人にとっては全く自然なこと。


ただただ自分らしくいるだけ。


好きなモノに囲まれて、ゆったりするのも好き。


キッチリと仕事をこなすことも好き。


女性でいることを楽しんでいる、それだけのこと。


自分の生き方を他人の生き方と比べたりしない。


そんな彼女のスタイルが、何より彼女の最大の魅力を引き立たせる”キー(鍵)”のよう。



*



バラの花の、凛とたくましい佇まいの中に垣間見る、壊れるくらいの繊細さ。


『R O S E』は、そんなバラの花と「ローズ」という一人の女性の美しさを重ね合わせて生まれた、


力強くもロマンチックな印象のコレクションです。



*



さて、その帰り道に彼女が立ち寄ったのはお花屋さん。


普段ならまったく素通りしてるのに!


ピンク色のバラの花を一本だけ買って電車に乗り込むと、


早速携帯で何か探し始めてる。


そう、


今まさに、この『R O S E』コレクションの中から、自分に似合うジュエリーを探して。。


自分の中に自分だけの魅力を見つけて輝かせること、


そんな勇気をもらったみたい。


貴方の中にもローズはいますか?


ローズにブラバー!



A.


クリックでコレクションへ!

Click above to jump to the collection!


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(Pardon my English, only Google translated!)


About『ROSE』



May and June are the seasons of rose coming into full bloom. On the way to school, at the neighbour's garden, at a corner of the regular walking course, The flowers bloom proudly as if to cry out, "Our season has finally arrived! " Crimson red, baby pink, and light yellow... Either small or big, one with buds or one about to end. All of them are so fascinating and make one pause and appreciate them for a moment.



"R O S E" collection was announced two years ago as the debut of "POÉTIQUE les bijoux". People often say who sees this collection, "Oh you must be a fan of Roses!" Yes true but actually more, This "R O S E" collection is not just inspired by flower rose alone. Of course, they are one of my favourite flowers indeed!



"ROSE" is the name of a lady who works as a maid. This is her story.



*



A perfectionist and serious,


Rose is a responsible and very reliable matured lady. In a crisp white blouse with a button up to the top, With her hair neatly combed and tied tightly at the back, The matte wine-coloured lipstick is always perfectly drawn without any failure.

No one at work would dare to ask her in person, so her private life is veiled in mystery. "Do you think Rose's got a boyfriend?" "I'm sure she's single, must be in bed at 9 every night!" "I wonder if she's strict like that even at home ...?"


One late Friday night, One of the maids who just finished her work was about to leave the mansion. (Oh, this must be Rose's, she must have forgotten!) She noticed a small comb with a pretty carving was left in front of the mirror in the changing room. Who else could it be but Rose who carries such a thing? (Ah, tomorrow is Saturday... maybe I should deliver it to her place...?)


The following day around 3pm in the afternoon, She was heading for Rose's house slightly feeling nervous.

(I'm in denim today, is it little too casual? Hope she won't get annoyed... ) Ding Dong.

After taking one deep breath, she went on to ring the buzzer. "Yes, open! Please come up to the 5th floor." (Huh? Is this a wrong address?) Somehow, the voice on the phone didn't sound like Rose's at all.

Anxiously she went up the old wooden stairs and came in front of the room door. "Oh hi, welcome! Please come in!" The door was opened and so she stepped into the room.

“Wow, how lovely!!” She cried out with excitement.


What she saw ... A soft sunlight shining through a large glass window, A spacious living room illuminated and shine in a pinkish beige tone,

Many pieces of British-style antique furniture are placed neatly across the room, Old poetry books were lined up by the lace curtains. (The book is left open, she must be reading it...! ) Then, a beautiful bouquet of pale-pink roses on a huge round table in the middle. What a gentle scent floating throughout the room!



"Please come over here. Is Earl Grey okay for you?" Rose softly offered a cup of tea to draw her attention.

Suddenly spotted by Rose's voice she turned around, "Whoa ..." A big sigh of her surprise.



Rose, as she was sitting on the sofa and gracefully making a tea, looked a whole different person. . .

Her hair was loosened and let down naturally, In the silk robe which was worn effortlessly, With a classic chain necklace on her widely opened neck, and long earrings swaying elegantly under her ears, She seemed very relaxed and confident with a smile on her face. Nobody has never seen such Rose at work!



Soon after,


There was a mevoice coming from the back room blended with a sound of the opera,


and she heard it said,


"Darling, I'm going for a walk now."



Phew!!!



*



This is about Rose, which is neither a secret nor anything. Her story seems to tell us


that a gentle femininity is exposed the moment she gets out from the uniform and that women with dualities are always so attractive because they surprise people. But for Rose, perhaps she's just being natural as she is. She wouldn't compare herself with anyone else,


just enjoys being a woman. That may be the very "key" to makes her more attractive.




As a sudden delight and admiration arises at the moment you have a glimpse of the delicacy in roses


that are in such dignified and fearless appearance outside, "R O S E" collection combines the charms of the flower roses and the lady Rose. It shares the gentleness and a bit of romanticism hidden inside women.




On the way back home,


She decided to drop by at a flower shop. And right at this moment,


She must be looking for a piece of jewellery that suits her browsing through our "R O S E" collection....



`Vive la Rose!



With Love,


A.

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page