• Designer's Blog

ポエティーク的♡ラブ パートⅠ


(English follows Japanese ; )



フゥ。。


2杯目のコーヒーと共に優しい午後に入った。


ちょっと時間ができたから、


以前アマゾンで購入した手付かずの本でも開こうかな。


読むために買った筈なのに、ヤダ、だいぶ時間が立っちゃってる。


いつ読んでもらえるのか、本の方でもかなりヤキモキしてたはず。


「早く〜、まだぁ?」って


棚の近くを通りがかってそれが目に入る度にそう言われてる。


「ちょっと待って!」


ええ、タイミングが必要なのです。


ちゃんとした本や映画を見る前には、いつも身構えてしまう面倒くさい癖をお持ちなのです。


何か大きな影響を受けてしまうかもって、


これで自分の中の何かが変わってしまうかもって


心の感知センサーが勝手に作動するから、


何か深い深呼吸が要る”覚悟”のようなモノを感じてしまう。


読む前から少々疲労気味。


それは、“正面からちゃんと向き合おう”的な、


“一度開いたら元には戻れないかもしれないかも”的な、


まるでマリッジブルーならぬ、コミットメント・イシュー。


無駄な想像力が邪魔をする。。


だから、


サラリとめくれるファッション雑誌や、


気の抜けたお笑い番組の方がよっぽど楽な時がある。


興味がないページは飛ばせばいいし、


ピンとこなけりゃチャンネルを変えればいい。


分かってる、分かってる。


そんな真面目くさる必要ないっていうことくらい。


でもよく言えばそれって、


相手に対して“真摯に向き合おうっ”ていう誠実な態度でしょう?


安物の愛は要らないってことなのよ!


適当に始めてパッと消える愛なんて、


まるで適当に集めたキャストと中身のない脚本で構成された安いテレビドラマじゃない?


って、皮肉たっぷりのコメントを自分自身に浴びせて。


でも・・・


その裏側で、何か小さな声が囁いてる。


「それって、偏見よっ!」って。


ナヌ?


それからこう。


「もうそろそろ気が付いてもいいんじゃない?」


他人に言われるとムカッとすることも、


自分の中の「天の声」には、何故か素直に受け入れられる。


それはどうやら、その人(?)が絶対の味方だと、根拠のない確信があるからかもしれない。




2月は”愛”の月。 (勝手にそう呼んでます笑)


バレンタインもあるから、ここでちょっとだけ“愛”について考えてる。


「私の中の天の声さん、本当はちゃんと気づいてるわよ。」


未知の自分と出会えるヒント、成長させてくれる出会いはどんなところにも転がっているって。


それが丁寧に装丁された美しい本でも、美容院で手に取る傷だらけの雑誌でも。


制作費うん億円の映画でも、地上波で映るお馬鹿なバラエティー番組でも。


手作業でしつらえられたシャネルのスーツでも、H&Mのトレーナーでも。


仕事の延長で出会う相手でも、マッチングアプリで出会う相手でも。


何も変わらない。


ただ姿を変えて、色んなところに潜んでる。


ちゃんと「ココロの目で見てるかー?」って、誰かに試されてるみたい。


「天の声」が言う通り、偏見を持つことは確かに可能性にフタをしちゃってる。


「はいはい、承知ですぅ。。」


不機嫌そうにしぶしぶそう承諾せざるを得ない一方で、


(いつからそうなっちゃったのかな。。?)





アートは心のセラピー。


絵やモノを創造するときは、ふと本当の自分が重なり合う。


そんな時、心の中でいつの間にか凍りついている部分に気がつくもの。


例えば、かすり傷みたいに小さなものだったりするけれど、


傷って小さなものでも痛むから、


それを受けた道をなるだけ通らないようにして他の道を探しだす。


でも、可愛いスミレはあっち側の道にしか咲いていなくて、


そっちの道が気になってしょうがない。


どうしてもあの紫色の綺麗な子を見たいから、いつでもあっちをチラチラ。


でもやっぱり痛みって怖い、


やっぱりこっちの安全な道を選んでしまう。


そうして知らない間にその“チラチラ”が癖になってる。


「関係ないわっ、十分ハッピーだもん!」


って思うこともできるけど、癖って自分じゃ気づきにくい。。


「あれ?なんか居心地悪い?」


普段見えない傷口が人との熱い交流の中で不意に顔を出した時、


一瞬の戸惑いと共に自己防衛のあらゆる装置が一斉に発動!


そのまま立ち去っちゃおうか?


それとも、目をそらさずにちょっとだけ立ち止まって近づいてみる?


もしかして、消毒さえすれば済むかもしれないし、


もしかして、緊急手術が必要かもしれない。


もしかして、傷はもともと“傷”なんてものじゃなかったのかもしれない。


もし一瞬でもそんな疑いが心を過ぎったのなら、


きっとそれが乗り越えられるチャンスの時。


どちらにせよ、どこかに痛みがあるのなら見つけてあとは治していけばいい、


焦らずに淡々と癒してく、それだけのこと。


いつでも自分への“愛”を大切にしたいもの。


また、あの可愛いスミレの咲く道を堂々と通れるようになれますように。。



「自分を変えられるのは、自分だけだぞ。」


って、さっき散歩の途中ですれ違った親子が会話してたな。


(お父さん、小さな女の子に厳しいねぇ。。)


でも大きくなったらきっと、それがお父さんの”愛の言葉”だって


いつか思い出すんだろなぁ。。



-



「ねぇ、ちょっとまだ〜??」


棚の隅っこに置かれた本たちがブーブー文句を言い始めてる。


大丈夫だって!


時間をくれればちゃんとスタートするから、


だから、ちょっと待ってて。。


テンポの違う二つのメトロノームの針が、


カチッと重なり合う瞬間があるように、


自分と相手のふたつのハートが上手く出会うタイミング。


辛抱強く相手のタイミングを見守ることが、”愛”だったり。


それが本であろうと人であろうとおんなじじゃないのかな。。。


たぶん?


ポエティーク的ラブはつづく。。


Love, A.



P.S. Ai Suzukiのイラストレーションページはこちらから↓


----------------------------------------------------------------------------------------

(Pardon my English, only google translated!)


"POÉTIQUE" way of Love, Part I



Phew...


I'm entering the calm afternoon with my second cup of coffee.


Having a little extra free time, wonder if I can open an untouched book that I bought from Amazon a way before.


I should have bought it for reading, but shamefully, it's been left there for a long time.


I'm sure the book's been a lot frustrated with me..


"Not yet? Will you hurry up??"


Every time I walk near the shelf, it seems to cry aloud at me.


"Hang in there!"


Yes, I need a right timing.


Like before I open a proper book or start a movie, I always have the noisy habit of "getting ready".


It's just because I fear they might give me a huge influence afterwards,


Or even they may change something significant in me..


The sensor of the mind starts to operate automatically,


It's just like a"preparation" that requires some deep deep breathing in advance.


I get already exhausted before opening.


It's almost like..


"let's face it face to face" or "Once started, can't easily be restore it"


A commitment issue similar to a Marriage Blue.


Annoying imagination gets in my way...


So,


There are times that I deliberately choose those fashion magazines or sit com comdey.


Just flipping the pages I like and changing the channel if I get bored.


No need for me to be so serious.


But in another word,


Isn't this a sincere attitude toward the other, "I'm taking this seriously"?


Don't need cheap love!


Love that starts casually and disappears suddenly,


Isn't it like a cheap TV drama with only available casts and empty screenplays?


Yeah I'm giving myself a lot of ironic comments like this.


But ...


From somewhere inside, there is a small voice whispering,


"That's a prejudice!"


What??


And then,


"Isn't it a high time for you to learn already?"


It could be quite irritating if someone else told me this.


But for some reason, I'm obediently accepting this "Divine Voice" within me.


Seems like I have a profound trust in this person (?) that she's always been on my side being un ultimate supporter.


-


February is the month of "Love" (I personally name so).


Today is also Valentine's Day, so I'm thinking a little about "love" here.


"Ms. Devine voice, I'm way aware of it."


The hints are everywhere,


To find the unknown side of myself and the encounters that make me grow more.


Whether it's a beautiful book that's carefully bound, or a magazine full of scratches that you pick up at a beauty salon.


Whether it's a movie with a production cost of 100 million yen or a stupid variety show with stupid contents.


Whether it's a hand-crafted Chanel suit or an H & M trainer.


Whether it's a person you meet at work or via a matching app.


No difference.


The message is hidden in various places camouflaging itself.


It's almost like I've been tested, "Are you really seeing it with your heart?"


Yes, the "Devine voice" is correct,


Having a prejudice certainly closes all the possibilities.


"Yeah yeah..."


While being obliged to accept the fact reluctantly, I start to wonder


(Since when I've become like this...?)


-


Art is a therapy of the mind.


When drawing or creating things, the true self suddenly overlaps.


At that time, one notices the frozen part inside.


For example, it may be as small as a scratch,


But even those small things have pains.


So one tries to avoid the same side of the road where received it and take the other side.


But the adorable violets are only blooming on that side of the road ,


Can't help but care about it.


Dying to see that beautiful purple girl, so constantly glancing at the other side.


But the pain still there and scared to hurt,


So end up choosing this safe side of the road.


Then before noticing it, that "glancing" gradually becomes a habit.


One could say, "I don't care, cas I'm happy enough!"


But the habit is hard to notice by oneself.


"Wait, feel something's not comfortable.."


When an invisible wound suddenly appears in a relationship with another,


After a few moment of confusion, all self-defense devices are activated at once!


Would you leave as it is?


Or would you stop and get a closer look without walking away?


Maybe it just needs disinfection,


Maybe an emergent surgery,


Or maybe the wound was never been "a wound" initially.


If you feel that sort of doubt in you even for a moment, it must be a good chance to overcome it.


Either way, if the pain is somewhere, it's better be discovered and cured.


Patiently healing it, simple as that.


I believe one should always cherish "love" for oneself


Hoping to be able to take the side of the road again where those cute violets bloom...


-


"Only you can change yourself."


Just a while ago, a dad said so to his little girl who were passing me by during my usual walk.


(Oh Daddy, so strict with the kid...)


But then I thought when she grows up she would remember and know it's his"word of love"...





"Hey, not yet??"


Books on the shelf in the corner are starting to complain.


"Don't worry!"


If you could give me time I will surely start, so please wait a bit!


There's a right timing when the two hearts meet


Like the moment that two metronome hands with different tempos click,


It must be a "love" to patiently watch over the timing of the other person.


Whether it's a book or a person ...


Perhaps...?


"POÉTIQUE" way of Love continues...




Sincerely,


A.



0件のコメント