• Designer's Blog

秘密の花園。


(English follows)


ブランドを始める時、一貫して表現していきたいテーマがありました。


それは、「女性たちの秘密の美しさ」。


今を生きる女性たちが持つ喜びやトキメキ、悩みや葛藤、そして繊細な心の揺れや強い意志。


様々な側面がレイヤーになって映しだされるキャラクターや個性の中に


真なる”女性の美”が隠されているように思います。



「どうしたらこの思いをブランドと結びつける?」


「私らしい表現方法は?」


「自分自身がいちばん楽しめるスタイルは?」



そんな様々なクエスチョンが頭の中で飛び交う中でもっとも近道に思われたのは、


自分の足元、幼い頃に意味もなく惹かれていたものを思い出すことでした。



(そうだなぁ、昔から好きなものってなんだっけ。。。?)



古い昔話や神話、


行ったことのない外国の習慣や言葉、


何かワクワクするような冒険が起こりそうな森や湖。


少し空想癖があった私は、そんないわゆる”おとぎ話し”のように広がる未知の世界に浸ることが大好きな子でした。


それは大人になった今も全く変わりません。


イマジネーションを膨らませながら、「もしも・・・」シリーズを考えることが大好きな自分。



(そうだ、こんなのはどうだろう?)



そうして辿り着いたのが、コレクション毎にテーマを設けその中でストーリーを描いていくことでした。


きっと楽しいはず!


コレクションの裏側に”秘密の花園”のように小さな扉を開いたら広がる世界を創造したらステキじゃない?


女性の抱く様々な感情の心象風景をコレクションの背景にはめ込んで。


例えばこんな感じのバックグランドで・・・



 アンティークの家具に囲まれたロマンチックなベッドルーム、


 月明かりに照らされた静かな湖畔、


 晴れた日の柔らかい日差しの下、


 ピンク色に染まる夕日の中、


................



そして、もう一つは詩集。


父が残した詩集のコレクションは、高校生の頃からふと手にとっては時折読んでいたもの。




ヘルマン・ヘッセ、バイロン、ジャック・プレヴェールにジャン・コクトー etc.


なぜかやたらとロマンチックな西洋ものが多い。


きっと若き日の彼も遠い地の文化に憧れの念を抱いていたに違いありません。


今日も埃をかぶって本棚に静かに並んでいるこれらの作品たちが教えてくれた言葉の魔法の数々。


時間が無限にあると感じていたあの頃、


ペラペラとページをめくっては心に響く一句を探し出す。


それは小さな宝石を見つけるような、なんとも言えない心踊る瞬間でした。


そんな”暗い”と言われそうなひとり遊びの中で笑、いつでも惹かれたのは、どちらかと言えば、


意味合いよりも、その言葉が放つ響き。


「ポエティーク・レ・ビジュー」を築いていく上でどうしても切り話せない要素の一つになっているその理由には、


その響きによる”感覚的”なコミュニケーションの中に、私自身が表現の必要性を感じているからかもしれません。




ジュエリーと言葉。


無言のジュエリーからこぼれ落ちる印象を言葉が拾い、


言葉から拡がるイメージをジュエリーが創造する。


その素敵な相互関係は、上手く息の合ったパートナーのようでもあります。


支え合ったり、時に高め合ったりしながら生まれる不思議なケミストリー。


ジュエリーが時にコスチュームになって、


登場人物になって、


音響のようになってその舞台を完成させる。


まるでオペラのように観客を楽しませる。



それもこれも、ジュエリーを通して”おとぎ話”を描くことを楽しみたいと願う私の言い訳に他なりません。




「ポエティーク・レ・ビジュー」は、そんな風にコレクションの裏側にある”秘密の花園”の存在を大切にしながら、


これからゆっくりと歩み続けていければと思います。


人工的なものに溢れた現代社会、


目まぐるしく駆けていく大都会、


夢見ることに時間を割けられない忙しい日常の中において、


女性が自由に牧歌的で美しいものへの憧れを持って生きてほしい。


この小さな花園を誰かとシェアしていくことで、


何か小さなヒントやインスピレーションを与えることができれば幸いです!



A.


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(Pardon my English, Google translated!)

The Secret Garden



When I started this brand, I've had a theme that I wanted to consistently carry with me.


That is, "the secret beauty of women". Their joys, excitements, worries and conflicts, delicate and emotional sways and strong will within. I always think the true "beauty of women" is hidden where that various aspects within her character or


individuality are displayed all in one layer.

"How do you connect this feeling with the brand?" "How do you express myself?" "What sort of ways do I enjoy the most?"

With all these questions flying in my head,


The short-cut to the best solution was to re-examine my origin, something that attracted me when I was young. ( Well, what was my favourite things to do in my childhood. . . ? ) Old folk tales and myths, Foreign customs and languages that I have never been to, Forests and lakes where an adventure is likely to happen. I was a little fanciful child, and I loved to devote myself in the unknown world like a so-called "fairy tale." It hasn't changed even now as an adult. I love to expand my imagination and think about the “what if ...”.

( Then, how about something like this? )

Adding stories and themes to each collection? It should be fun. I want to create a world that spreads when a small door opens behind the collection like a little "Secret Garden" ! Setting the scene as to reflect women's emotions into the background of the collection. For example, the situation could be like this ... In a romantic bedroom surrounded by many antique furnitures, On a quiet lakeside illuminated by the beautiful moonlight, Under the soft sunlight on one fine day, In the setting sun when everything is dyed in pink....

And the another is a collection of poems. My father left a collection of old poetry books, that I used to occasionally read when I was in high school. Hermann Hesse, Byron, Jacques Prévert and Jean Cocteau... For some reason, mostly a fan of romantic European literature. Surely he must have been yearning for a distant foreign land. These works have taught me the magic of words, now they are only quietly lined up in a bookshelf covered with dust. At that time when the time seemed infinite, I used to flip through the pages and look for a phrase that touches my heart. It was an indescribable moment, like hunting for a precious gem. What a lonely and dark play that must sound (lol)! Yet I was always attracted, if anything, The sound of the words,


Than meaning of themselves. The reason for words being one of the significant elements that seems hard to detach from my brand must be, Perhaps because I myself feel the need of expression in the "sensory"communication that resonates from them. Jewellery and words. The words pick up the impression that spilled from muted jewellery piece, And the jewellery creates images that expand from words. It's like a neat relationship between a long lived couple, A mysterious chemistry born while supporting each other and sometimes raising each other. Jewellery sometimes becomes a costume, Becomes a character, Becomes a sound effect and completes the stage. It entertains the audience like an opera.

After all, these are nothing but my excuses for me to create fantastic stories through my jewellery...


"Poétique les bijoux" will continue to grow while cherishing "The Secret Garden" behind the collection, Even in a modern society full of artificial things, In a big city everything is running fast, In a busy everyday life with no time for dreaming, I wish for all women to have a freedom to admire something idyllic and beautiful things, And so I hope this little Secret Garden I share will give someone a hint of inspiration in life!



Love,


A.