• Designer's Blog

”自由の女神”のいるところ。🗽



(English follows Japanese)



あぁ 、今日はクリスマス✨


あと少しで今年も終わりか。。


街の忙しさをよそに、12月は一年を振り返るのにはちょうどいいタイミング。


今年は、なんだか今までで一番「自分らしさ」と向き合ったように思う。


本当に好きなものは何?だったり、


本当に住みたい場所はどこ?だったり、


本当にやりたいことは何?だったり、


本当に一緒にいたい人たちは誰?だったり。


それらの答えの中にニセモノの「好き」を探しだすことや答え合わせをすることが、


何をするにおいても一番優先すべきことだったように思う。


ウソのない、ありのままの自分を追求する日々。


ずっと”素”の自分でいたつもりではあったけれど、


気づかないうちに、”よそもの”のベールがかかっていたことも発見したり。


例えばこんなこと。


嫌なことでも”ちゃんと”こなす自分。


失礼なことを口走らないように”ちゃんと”答える自分。


自分ひとりでも”ちゃんと”立ち上がろうとする自分。


この”ちゃんと、ちゃんと”が自分という人間を造り支えてきたけれど、


ここで一旦アップデート!


だから、「もう、いいや!!」って笑。


というよりも、


まるで石膏で出来たもろい甲冑が自らどんどん崩れ落ちて去ってくのを、


ただただポカーンと傍観してる感じ。


そして、それらに快くグッバ〜イと手を振る私に対してちょっとした驚きもあって。


ダメな自分、


レイジーな自分、


誰かに頼りたい自分、


甘えて生きていきたい自分。


今までそんなんじゃダメだ!と見えない鞭を打ってきた自分に、


今なら「もういいよ、頑張ったね」と自分を褒めてあげられる。


人はいつでも変われるタイミングがやってくる。



その反対に変わらないもの。


自分の「本質」、それを発見した一年でもあり。


自分の内にずっと昔からある、「私」という”個”をつくってきたエッセンス。


それを個性と呼ぶのか、性格と呼ぶのか、価値観と呼ぶのか分からないけれど、


生まれた時から持っている、何かちっちゃなダイヤモンドの欠片のようにチカチカ輝くもの。


皆それぞれに持っていて、それぞれの光を放っている。


そんな光の存在を土から耕し起こして、磨いてピカピカにしてあげることが、


ここにきて一番優先するべき仕事のような気がして。。


*


だからもう一度、絵を描くことにした。


ずーと心の底にあった「絵じゃ食べていけないぞ」っていうレッテル。


だからいつでも二の次に回していた事実を素直に受け入れた。


だって、怖かったから。


いちばん好きなことで失敗することへの不安。


生きていく為にいちばん好きなことを「手段」に変えてしまうことへの嫌悪。


いちばん好きなことだからこそ、いちばん大切に守って行きたかったから。


でも、やっぱり絵を描くことが好き!


それが形にならなくてもいい、コンテストで賞なんて取らなくてもいい。


自分の中になる小さな石っころを磨く作業こそが、


本来の自分がやるべき、そして一番やりたいことな気がするから。


やっぱり”職人”の血、流れてるんだなきっと。。とポツリ。



でもどうして絵を描きたいの?


ふと、そんな疑問が頭をよぎってちょっとだけ考えてみた。


ここでも”ちゃんと”理由を知りたがる真面目な自分が顔を出す。


と同時に、「そんなのどうだっていいじゃ〜ん」ともう一人の私もして。


だけど、答えはいたってシンプル。


それは、私にとってのセラピーのようなもの。


自分だけが築く世界は、サンクチュアリー的なホッとする場所。


そこには、他者同士の厄介で複雑な戦略もなければ、操作やコントロールも必要ない。


私が一番ピュアでシンプルで居られる時間。


たったそれだけ。


あっ、ちょっと待って、それからあともうひとつ!


線や色に乗せた自分の”心”の表現が、誰かの”心”を動かすかもしれないということ。


それはとってもピュアで強力で、奇跡のように何よりステキなもの。


そんな単純だけど、ハートを感じられる他者とのコミュニケーションプロセスを、


今、自分が必要としてるからかもしれない。


*


幼い頃、テレビで観たBBC(かどこか?)が放送していたミュージカル仕立ての「不思議の国のアリス」があって、


その中で赤の女王か誰か(記憶があやふや過ぎ笑)が、


”Emotion, Emotion〜♫"


とアリスに向かって歌っていたのをよく覚えてる。


その女王がとっても綺麗でユニークで一番好きだった!


そしてなぜだか分からないけれど、幼心にその歌がピンときたのを今でも忘れられない。


確か、森でアリスがどの道を選べばいいか迷っていた時に、


「あなたの”感情”にしたがいなさい」


っていう場面だった気がする。(もしかして違ったかも。。)

https://www.youtube.com/watchv=QLgZYQHptJw


”エモーション=感情”っていう英語の意味を辞書で調べたのもその時だと思う。


私にとっての「感情」とは、全ての羅針盤。


”この世の中でいちばん大切な何か”リストの中に必ず入ってる。


全ての始まりで進む方向へと導くもの。


あ、そう言えば、、


昔習っていたピアノの先生もよく、「テクニックより感情を乗せて!!」と怒られたなぁ。


むろん、まだ高校生なんかにベートーヴェンの「悲愴」なんて、到底ムリだと知りながらも。。



本当はもっと直感的なのに、


日常生活を営むため、まわすため、仕事でもなんでも、失敗しないように、迷惑をかけないようにと、


感情を持つこと、感覚に従って動くことを遠ざけてきた気がする。


嬉しいこと、楽しいこと、ヒラメキとか直感とか。


嬉しいことを嬉しいと受け取ること。


嫌なことを嫌と表現すること。


来年からは、自分のハートをもっともっと使って生きていこう。


そう、それが私にとっての”自由”であることに他ならない。


「自由の女神」を自分の中に感じて、


いつでも高い視点から自分自身を見渡せますように。。


*


あぁ 、また長くなってしまった。。(反省)


ここまで読んでいただいた読者の皆さま、


私のひとり言にお付き合い頂きありがとうございます。


来たる2022年、おひとりおひとりそれぞれに心躍るミラクルな一年となりますように。。✨


メリークリスマス!そして素敵な年末年始をお過ごしくださいね。


心を込めて♡


A.



----------------------------------------------------------------------------------------


(Pardon my English, with a help of google translation! )



Where the"Statue of Liberty" is...🗽



It's Christmas, oh it's Christmas today!


And this year will be over soon...


Despite the busyness of the city, December is a good time to look back on the year.


This year, I think I've faced the most "what's me" I've ever had in my 40 something years.


What do I really like? or


Where do I really want to live? or


What do I really want to do? or


Who are the people I really want to be with? etc..


Finding a fake "want" in those answers and matching the answers,


Every day I pursued "me as I am" without lies and disguises.


It surely was the highest priority in everything.


I thought I'd always been "genuine" in that sense,


But I discovered that there was a veil of "other things" on me without realising.


For example, something like this.


I can "properly" do things that I don't like.


I answer "properly" so as not to say rude things.


I can stand up to manage "properly" on my own.. etc.


This "properly" has created and supported me as a "proper being" for decades,


Now it needs update!


So here I shrug my shoulders and say, "Whatever!".


Or rather,


It's as if a fragile armour made of plaster collapses and leaves by itself,


And I just stand there on the sidelines with my mouth open,


And to my surprise, I wave to them quite in a happy state.


Being a loser,


Being lazy,


Being unreliable and spoiled.


Up until now, I've kept telling my self "that's no good enough, Ai!" with a little whip.


But now I can easily praise myself, "Good job, Ai. You've made it!"


Feel like I learned the just right timing surely comes for people to change.


On the contrary, there's a thing that doesn't change.


My "essence".


The essence that has created the "individual" as"myself" that has been around for a long time.


I don't know if I should call it "individuality"or"personality"or "values"...


But something that shines like a tiny piece of diamond since the moment of birth,


Everyone has their own and shines their own light.


It's waiting to be plowed out deep from the soil and polished to shine.


I feel like it's the job that should prioritise most at this point of my life.


*


So I decided to draw again.


There had been a label sticked at the bottom of my mind, "I can't live with art".


So I was always obediently accepting it as the "secondary" choice for a living.


Because I was scared.


Anxious about failing with what I like best.


Disgusted to take it into "means" in order to live.


I wanted to keep inside to protect it.


But after all I love to draw!


No need to be successful nor win a prize in the contest.


Because the work of polishing the small stones inside is my work I should focus on.


Yeah, the blood of "artisan" is definitely flowing in me.


(But why do I want to draw so much?)


Suddenly, such a question passed through my head and I thought about it for a moment.


Here again, a serious "Ai" who wants to "properly" clarify the reason appears..


But then another "Ai" says, "does it really matter?". ha.


The answer is simple.


It's like therapy for me.


The world that only I can build is a safe spot like a sanctuary.


There is no complexity and complicated strategy between others, and no operation or control is required.


It's the space and time where I can stay the purest and simplest.


That's all it.


Oh wait, and one more thing!


It's the form of expression I truly value which may touch someone's heart.


It's very pure, powerful, and miraculously wonderful.


Such a simple but heart-to-heart communication process with others is what I need most now.


*


When I was little, there was a musical-style "Alice in Wonderland" broadcasted by the BBC (maybe not) on TV.


In that series, the Queen of someone (oh my memory is too vague!) was singing to Alice,


"Emotion, Emotion ~ ♫"


She was so beautiful and unique so I liked her the best of all queens!


And I don't know why, but I still can't forget the song.


It must've been a scene where Alice lost her way to proceed in the woods and the queen advised,


"Follow your Emotion "


I believe it was at that time that I looked up the English dictionary to find the meaning of "Emotion"


"Emotion" for me must be like a compass.


It's definitely on my "most important thing in the world" list.


That's where everything starts and guide me to the right direction.


Oh yeah I remember...


My piano teacher in my childhood was always saying (often angry), "emotions rather than techniques!"


Of course, she must've known it's impossible for a teenager to master Beethoven's "Pathetique"...


*


In order to carry out daily life, to sort things out, not to fail in work or anything, and not to bother others...


I feel like I have kept myself away from having emotions and leading with my senses,


In fact, she’s actually more intuitive.


From next year, let's live following my heart more.


Yes, that is nothing but "freedom" for me.


Carrying the "Statue of Liberty" inside on me, let me view things from a higher point.


*


Here we go, it got too long again, Ai. .. (sigh)


Dear kind readers who have read my mumblings this far,


Thank you so much for sparing your precious time with me.


May the year 2022 be just as miraculous as your heart wishes for each and every one of you. ..


Merry Christmas & Have a wonderful Holidays! ✨


Sending you my love...♡


Ai


0件のコメント

最新記事

すべて表示