• Designer's Blog

6月のソナタ

最終更新: 6月30日



(English follows) 6月の始まりは真夜中のポリーニから始まる。 複雑さの中に繊細さと優しさが入り混じったベートーベンの美しいピアノ・ソナタに、 一旦髪を乾かす手を止め聞き入ってしまう。 もう初夏だから、ボサノヴァとかポップスとかそっちの方が合う気もするけれど、、、 なんだか不思議とこっちの方が今の自分にはシックリきてる。 クラシックを聞くといつも原点に戻される感じがするのはなんでだろう? 「楽譜をちゃんと見なさいっ!」 がいつの間に変わって、 「自分の足元をちゃんと見なさいっ!」 と言われているような感覚。 厳しくて嘘休みばかりしてた幼い頃のピアノのレッスンのトラウマかな?? でもやっぱりレッスン後のような、 「よく頑張ったね。お帰りなさい」 っていう安心感もあって、駆け足気味だった自分のペースを元に戻してくれる。 それにしても、、 歳老いて少し小さくなった彼が弾くそのピアノの響きは、柔らかさが増して以前よりもっと引き込まれる。 (完璧さに終点はないってことね、、) と心の中でポツリ。 * 生暖かさを帯びた風に乗り、もうじき夏がやってくる!

”時”の流れの速さに反抗的な自分と、 何かがやっと動き出すという予兆にひとり胸を弾ませる意欲的な自分。 そんな狭間にある不安定な私の心模様を反映しているような日本の梅雨は、 さりげなく始まって、暫くの間滞在する。 それはまるで、 一年をかけて旅してきた恩師を再び迎え入れるような懐かしさと、

ちょっとした緊張感と、 今年も無事に巡ってきてくれたという安堵の念を一緒に運んでくるよう。 そんな旧い恩師との再会においては、 いつも何か教訓のようなものを置いてってくれるから、とっても興味深い。 そして今年もやっぱり! またあの厳しくも優しいトーンで語りかけてきた。

(おいおい君、大きくジャンプする前に、一旦ココロを整えよ!)

シトシトと降る雨の音色に水彩絵の具のように混ざり合いながら響く、その一声。 一体どこから? (はい、先生!!) と、思わず背筋を正し即返答。 これを俗にいう「直感」と呼びたいところだけど、 どうもただの「ひとりごと癖」っぽいし、まあどっちでもいいや。 ただ、注意深く耳を澄ませていたつもりなんてまったくないのに、 いつもこんな風にふと自分へのメッセージとなって降りてくる。 ヒトの危機管理能力っていうのは、たまにちょっとクリエイティブに働くもの。 それより、、 『心を整える』って、、どうすればいい? とりあえずコーヒーでも入れて、 ソファに寝そべって、 甘いものでもつまんで。 あそうそう、ピアスを着けるの忘れてた! どれにしよっかなぁ。。? 今日はロマンチックなコラージュ作るから、、、 あ、このハートちゃんにしよ〜♡ そうしてまたソファに戻る。 フゥ。 これで準備良し!

さぁてと、 。。。。。 うん? あれ、もしかしてそれってこういうこと? 『ココロを整える』って、もしかしてジュエリー選びと似てたりして? ジュエリーを選ぶ瞬間にふと交わす、 自分のココロとの小さな会話。 その時流れている自分の感情の音色にちょっとだけ耳を傾けてみる。 「今日はどんな気分?」って、 鏡を覗き込んであえて自分に聞いてみてあげる。   あーぁ、ブルーマンデー ; ( 朝から大量のメールチェック。   昨日はよく眠れたから肌の調子とってもいい感じ!   なんかアイデア詰まってきたし、、散歩してあの店のパンでも買ってこよう。   前髪切ったらちょっとイメチェンになるかな。。?   あの人に会えるまであと一週間。。。   Etc... イライラしてたり、ぼーっとしてたり、ハッピーだったり、緊張してたり。 梅雨時の女子のココロは変わりやすい。 季節の変わり目のお天気同様、誰にも止められない。 もちろん十分大人だし(!)コントロール可能だけど、、 たまに気圧の変化のように敏感過ぎて、もうイヤになっちゃう! だけど、それが今の自分。 長引く自粛生活の中で他人との距離をとる一方、 こんな風に自分自身との距離が近くなるチャンスを利用して、 自分でも見えなかったありのままのココロの姿を知っておくのもアイデアの一つかも。 それは他でもない、 「次のチャプターに踏み出す前の準備体操を、今のうちにちゃんとしておきなさいっ!」 って言う師匠(?)からのリマインダーでもあるから笑。

ポエティーク・レ・ビジューが常に提案していきたいのは、 他人から見えるジュエリーを着けた時の”私”よりも、 今はこう、こうありたいという思いでジュエリーを着ける”私”にフォーカスすること。 それが、この『ココロを整える』ためには必要であると同時に、 いつでも素直な”私”でいられるための、手っ取り早いひとつの術でもあるよう。 ジュエリーがファッションやただの装飾品である前に、 自分の一番プライベートな部分、”エモーション(感情)”を映し出すもの。 そんな思いを秘めながら身につけるのもオシャレなジュエリーの楽しみ方。 「自分のためにジュエリーを選ぶ」 = 『ココロを整える』 こんなシンプルな方程式。 これなら、きっと私でも続けられるかな? ココロとジュエリーの結びつきが、 その人の健康や生活における健やかさに繋がっていく。 商品と共に、ジュエリーがもたらす素敵な”モノの見方”も提案していけたらという願いを込めて。。 忙しい1日の中で、自分と向き合う短くも特別な瞬間を大切に。 * 雨の雫とピアノの音符ひとつひとつの響きが合わさって、 自分の心臓の鼓動ともシンクロしたら、 なんとも心地良いソナタが生まれる。 夏が来るまで慌てる必要なんて全くないんだから! 来たる楽しい日々を自由に想像して胸を膨らせよう。 ベートーベンのピアノ・ソナタでも聴きながら。。。 A.

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (Pardon my English, only Google translated!) June Sonata June has just begun with Pollini at midnight. Beethoven's beautiful piano sonata, where delicacy and tenderness are mixed in complexity. My hand stopped while drying my hair to listen to it. It's almost early summer, so something like Bossa Nova or Pops must be more appropriated.. Yet somehow this one seems to match right to my current mood. Why do I feel like pulled back to the beginning point when I hear the classical musics? "Look at the score properly!" is suddenly changed to.. "Look at your feet!" That's how I feel. Is it a trauma for piano lessons of my childhood when it was so strict and my false absences were my routine? But after all, after the lesson "Well done, my dear. Welcome back home" There is a sense of security restoring me to my own place and calming down my rushing pace. Anyways, The piano played by him as old as he has become and looks a little smaller has increased the softness of his touch, it draws me in more than it used to be. (There is no end to a "perfection"...) Murmured inside. * Jumping on the warmth of the wind, summer will come soon! With my rebelling heart against the speed of time passing, And with my ambitious heart which is excited by the sign for something will finally start to move. The rainy season in Japan, reflecting the instability of my emotional patterns, comes casually and it stays for a while. It’s like Welcoming the teacher who has traveled over a year with some nostalgia, With a little tension, But with a small relief that he could make it this year again. In the reunion with such an old teacher, It's very interesting because he always leaves me something like a little life lesson. And this year also! Here it is again, he spoke to me with that harsh but gentle tone.

(You dear, you need to fix your mind before you jump!) A single voice that echoes in the sound of rain, mixed like watercolour paint. Where on earth?? (Yes, Sensei!!) Suddenly I straighten my spine and respond immediately.

I'd like to call it so-called "intuition", But apparently it's just my "one-of-a-kind" habit, and honestly it doesn't really matter. Nevertheless, whenever not attempting to listen carefully, It always comes down as a message to me like this style. Hmm, one's ability for her crisis management works quite creatively. So, What should I do to "fix my heart"? Let's me get a cup of coffee first, Lie on the sofa, Nibble some sweets, Oh yeah, I forgot my earrings! Which one should I wear...? I'm going to make a romantic collage today, so... Oh, let's wear this miss Heart♡ Then I return to the sofa again. Phew... You're ready to go! Well, ..... Huh? Ok, is that what it is? Is "fixing heart" similar to choosing jewellery? A small conversation with your heart, At the moment you choose your jewellery. If you just listen to the sound of your emotions flowing at that moment, asking yourself while looking into the mirror "How do you feel today?" Ahh, Blue Monday ;( A lot of email checks from the morning.. My skins looks brilliant as I had a good night's sleep! Stuck in ideas...let's take a walk and get some bread from the bakery. If I make my bangs, it might change my look. .. ? A week to go before I see him..... etc... Frustrated, vague, happy, nervous. Women's emotions during the rainy season are easy to swing. Like the weather at the change of the season, no one can stop. Of course, mature enough (!) to manage, Yet sometimes it's annoying as it affects like sensitive changes of barometric pressure. But then this is what I am now. Under the prolonged self-restraint life, while keeping distance from others, Taking the opportunity to get closer to yourself like this may be one of the ideas to know the actual state of mind that has been invisible to the eyes.. Besides, It's none other than this, "Do your stretching well before stepping into the next chapter!" Gentle reminder from the old master. * Here what POÉTIQUE les bijoux would always like to suggest is, to focus on "yourself" who chooses jewellery to express you and who you desire to be, Rather than choosing it for how others want "yourself" to be seen. As well as it's necessary for this "how to fix heart", It seems to be one of the quickest ways to be a honest person at any time. Before treating jewellery as a fashion item or mere ornaments, Sometimes it could also be a fashionable way to put them on as to reflect your most private part, "emotion". "To choose jewellery for yourself" = "To fix your heart" Such a simple equation. If this is the case, I'm sure we can work on it. The connection between heart and jewellery is, It will lead to one's mental health and the healthy condition of in life. With our products, we'd also like to share with you the charming "point of view" brought by jewellery. In a busy day, let's appreciate this short and special moments. * If the sound of rain drops and the notes of each piano combined, synced with your heartbeat, Such a comfortable sonata will be composed. There's no need to panic until summer comes anyways, I'll let myself imagine freely for now of the fun days coming up soon! Yeah listening to Beethoven's piano sonatas again... With Love, A.