• Designer's Blog

7月、目を閉じれば。。。



(English Follows)



目に見えないものの中には、怖さがあり、あやふやさがあり、


どうも確信が持ちにくいから、頼りなさや不安もあり。


だけど、


目には見えないものだからこそ感じる繊細な動きの中に、


何かとても明確で、時折、より信頼できる”強さ”がある。


それは、


自分の感覚や思いをどれだけ信じられるか?と言った、


体のどこかに内蔵されたバロメーターのよう。




そう言えばこの間、こんな夢を見た。


目の前には川が流れていて、


私はどうしても向こう岸に渡りたい。


そこに橋をかけるには、


どうやら自分の想像力を使うことらしく。。


自分を信じた分だけくっきりと出来上がる美しい虹色のブリッジ。


ちょっと油断するとすぐに薄れて消えてしまうような、


まるで自身への信頼度を試されてるような、


なんとも意味ありげな夢。




目下、7月の気だるい日本の梅雨をやり過ごしてる道中。


クーラーをポチッとすることから始まる朝、


よく冷えたアメリカンチェリーを頬張りながら、


自動的に入れるコーヒー。


やたらとボーっとする時間が増えてきて、


思考も定まらず始終レイジー状態が続いてる。


常に眠気と隣り合わせで、


一日のうちで目を閉じたい瞬間がしばしば訪れる。


するとシューッ。


一瞬でもう一つの”裏”の世界へワープする。


ウェルカムトゥー「制限のない世界」。


目を閉じた先に在る世界、そこではすべてが可能になる場所。


好きな国、


会いたい人、


なりたい自分。


まるでマジシャンのごとく、誰もが袖からハトだって出せて見せる。


想像した分だけ一瞬でもう叶ってる。


私たちの”想像する”という能力はなんてパワフルで素敵なんだろう。。とポツリ。




夢と現実。


そのどちらの方が重要かと問われたら、


きっと今の私はすぐに「夢」だと答えると思う。


むしろ、どちらも同じくらい価値あるもの。


「夢」を抱いてからの「現実創造」と、「現実」を味わってからの更なる「夢創造」への相互関係は、


いつでも同時進行で私たちを成長させ、そして人生を楽しませてくれる。


「自分らしく生きたい」と思う時、まずはどんな自分をイメージをする?


目を閉じた先の静けさの中で、


ポコポコ浮かび上がる自由な想像の世界の中に、


その人が”素”の自分らしさに気づく為の鍵が隠されてる。


それは遠い子供の頃の記憶?


それともいつもある未来への憧れ?


ボーッとなる瞬間がきたら、


それはもしかして、


「もう一度、自分らしさを見直して」といったサインなのかもしれない。


一旦目を閉じて自分が望む世界を覗き見ること。


たったそれだけで見えてくる答え。





お部屋の片付けをしようと思って、


積み上げられた本を整理している時にふと開いたお気に入りの本。


その中に初めて見たページがあって、


数秒だけ時間が止まったように見入ってしまった。


(あぁ、ここだったね。。)


しばらく忘れかけていた場所、昔からいつでも心に在った心象風景。


柔らかい陽の光、そよ風に揺れる静かな湖、スイスイと泳ぐ白鳥たち。。


なんだか「おかえり」と言われているような安心感に包まれて、


飾る必要のない素の自分を思い出す。


目を閉じればいつでも戻ってこれる、私の始まりの場所。


それがカフェの片隅でも、かしこまったオフィスでも、混み合う電車の中でも。


私の”裏庭”ではいつでもちゃんと存在してる。



皆様、どうぞ心の中にいつでも自由できらめくイメージを!


そして、希望溢れるステキな一週間をお過ごしください♡


Love, A



----------------------------------------------------------------------------------------

(Pardon my English, only google translated!)



July with your eyes closed...




Some of the invisible things are at times scary, vague and because it's hard to be sure, so unreliable and anxious.


Yet,


Within the delicate movements you notice being invisible to the eye,


they could be very clear and sometimes more reliable and firm.


That seems almost being tested,


"How much can you believe in your feelings and thoughts? "


Like a belief barometer built somewhere in your body.




By the way, the other night I had a dream like this.


There was a river flowing in front of me and I really wanted to cross the other side.


In order to build a bridge there,


I needed to use my skill of imagination...


A beautiful rainbow-colored bridge was going to built as clear and strong as you believe in yourself.


If I took a little care, it would fade and disappear immediately.


It was like a training for "how to trust yourself".


What a meaningful dream that was....




Currently, I'm on the way to overcoming the Japanese rainy season in July.