top of page
  • 執筆者の写真Ai' Blog

Into the『DREAM』〜夢の中へ〜

更新日:2023年8月24日



(English follows)



好きな言葉の一つに”夢”があります。


将来の夢、夢のような出会い、夢見がち、夢物語、夢占い。。


なぜこんなにも惹かれるのでしょうか?


それはきっと、私の中に眠る「未知なるものへの憧れ」なのかもしれません。


どれもキラキラとした希望に満ち溢れている、


そんなポジティブな空気感もこの言葉から感じます。




ポエティーク・ビジューのコレクションの中で、ポップでスイートな印象の『D R E A M』。


ハートや星、お月様にチョウチョ、色とりどりの天然石に煌めきのあるチェーン。


その中に、ただ”カワイイ”だけでない”大人の夢”の気配を感じたら、


もうこのストーリーはあなたの元へと続いているかも。。?!




これは、ある女性が忙しない日常生活の中で見た白昼夢です。


果たしてそれはただの夢だったのか、


幼い頃の記憶なのか?


それとも。。。?


さぁ、一緒にポエティーク・ビジューの『D R E AM』の世界へ!



*



ある晴れた初夏の昼下り。


太陽の光がたっぷりと降り注ぐ3階の寝室では、


ちょうど今、午前の仕事を終えたばかりのメイドの一人がいます。



(ハァ〜、やっと終わったわ!)



ホウキを片手に窓の外に向かって大きく深呼吸すると、


そのままぼんやりと窓の外を見つめる彼女。


その瞳の先に広がっているのは、柔らかな光を帯びた美しい街。


豊かな森緑と輝く湖、そして小さくても活気に溢れた明るい街路。


鳥の鳴き声や木々のざわめきが、


行き交う人々のおしゃべり声と雑多に混じり合って、


なんとも軽やかで楽しい雰囲気です。


疲れなんていつの間にか吹っ飛んで、


ただただ優しい気持ちにしてくれる、そんな景色。


それは、


彼女が長い間ずっと憧れていた情景そのもの。。


昨晩の激しい雨もウソのよう。


今日は朝から良く晴れて、雨粒が色んなところで光を反射しています。


あぁ 、眩しいっ!


ほら、あっちにもこっちにも綺麗な虹がかかってる!



「今日はちょっとラッキーかもね!」



(ふふっ、これって新しい恋の前触れだったりして?!)



そんな風に、上機嫌で鼻歌なんて歌ったりして、


今日の彼女はちょっぴり浮かれた様子。


階段を下りていくその足取りも、いつもよりちょっとだけ軽く聞こえます。


つい昨日の夜まで、あれほど不安な毎日を過ごしていたはずなのに!


どれほど涙で目を腫らしても、


どんなに眠れない夜を過ごしても、


女の子はいつでも強く蘇るのです。


そう、男の子たちが思うよりもずっとあっけらかんと!


そのまま一階まで降りていって、玄関の扉を開け、


勢いよく外に飛び出して迷わず向かった先は、


館の裏手に広がる大きくて美しい庭園。


手入れのよく行き届いたその庭は、仕事の合間のお散歩にぴったりな場所です。

彼女は背中いっぱいに太陽の暖かな光を感じながら、ゆっくりとその庭をひと歩きすると、


大きなプラタナスの木の下に腰を下ろしました。


通り過ぎるそよ風がすがすがしく彼女の肌を撫でます。


鳥たちの楽しそうな鳴き声を聞くうちに、だんだんと瞼が重くなっていき・・・


ついに目を閉じました。。


そうして浅い眠りの中、彼女は子供の頃の記憶をもう一度夢見ます。


*


レースのフリルがいっぱいの白いドレス、


芝生の上をひらひらと飛び交う2匹の黄色いチョウチョ、


見よう見まねで作ったタンポポの花輪、


初めてくり抜いたハートのクッキーに、


お祭りで買ってもらった、キャラメル味の大きなりんごのキャンディー、


傾ける度にくるくる変わる、万華鏡の中のきれいな幾何学模様と、


リリアンで作ったカラフルなブレスレット、


リーンの目をした隣のお家のネコに、


宝石の形をしたアメのリング、


夢中で集めた色とりどりの匂い玉、


ベストフレンドと分けあったおもちゃのイニシャルネックレス。


そして、、


いつの日か見た、キラキラと輝く星だらけの美しい夏の夜空。。。




永遠の自由と好奇心に満ちていたあの頃。


時間なんていつまでもある!と信じていた子供時代の胸のトキメキは、


その思い出のどれもが微かなシナモンのような甘い香りを帯びながら、


いつまでも心の奥底に眠っています。


誰かがちゃんと仕舞っておいてくれた?


だって、シャボン玉みたいにパッと消えてしまいそうなのに。。





すると、一瞬ピューっと風が吹いたと思ったら、


1匹のグリーンの目をした猫がどこからかやってきて、のっそりと彼女の膝の上に座ったので、


彼女はビクッとして目を醒ましました。



(あらこの子、あの時のお隣りさんのネコちゃんにそっくり。。)





「ねぇ、あなたどこからきたの?」



まだ夢うつつな様子でそう言うと、優しくネコの体を撫でました。


だけど、ネコは何も答えずただ気持ち良さそうな顔をするだけ。



(あなた本当にラッキーね。私とおんなじ。)



にこりと笑いながらそう呟いて、


そしてまた、ぼんやりと一瞬先に見た夢のことを考えました。


消えかけそうな思い出のカケラを一つ一つ拾い集めるように。。


それはまるで、


おばあちゃんのドゥロワーから大切なジュエリーを探し出すかのように。。


その瞬間の彼女の瞳には、うっすらと温かい涙がにじんでいます。






しばらくして、ふと腕時計に目をやると、


「大変、もうこんな時間!!!」


彼女は慌てて跳び起きると再び仕事に戻っていきました。


その後ろ姿は、あの頃と変わらない元気で天真爛漫なおてんば少女。




さて、置いてきぼりのネコはといえば?


そんなドタバタにまったくお構いなしの様子でひとり大きく伸びをすると、


またのそりのそりとどこかへ歩き出しました。


ノンシャランに、だけどとっても満足そうな足取りで。。。



*


愛らしいモチーフとどこかレトロな雰囲気を残したポエティーク・ビジューの『D R E A M』。


歳を重ねた大人の女性の中に眠る、幼い少女のようなピュアな感性を形にしたコレクションです。


女性がより美しく映る時、


そこには新しい挑戦や叶えたい夢があるのだと思うのです。


子供のように、常に好奇心を持ってイノセントでいること。


ご自身がドリームキャッチャーになって、ゆらゆらと風に揺られながら、


いろんな”心躍るモノ”を吸収していって欲しいのです。


そうして反射した美しい光が、また他の人の光の元になっていく。


そんなステキな連鎖を作り上げていけたら幸せです。


いつまでも夢見る”少女”でいることを忘れずに!



愛を込めて・・・


A.


クリックでコレクションへ!

Click above to jump to the collection!


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(Pardon my English, only Google translated!)

Into the『Dream』



One of my favourite words is "Dream".


Future dream, Dreamy encounters, Dreamy girl, Dream catcher, Dream stories, Dream divination. ..


Why am I so attracted?


Maybe it's because of the "aspiration for the unknown" dwells in me all the time.


I get a feeling from this word a full of sparkling hopes and a positive atmosphere.




"D R E A M" is the most pop and sweet impression in the collection of POÉTIQUE bijoux.


A heart, a star, a moon, a butterfly, Colourful natural stones and glittering chain.


If you feel the sign of "matured dreams", not just "kawaii",


Maybe this story continues to you.


This is a daydream that a woman had in her busy daily life.


Is it just a dream? Or her childhood memories?


Or it could be .. .. ?


Let us invite you to the world of our "D R E AM"!



*



It was a sunny early summer afternoon.


In the 3rd floor bedroom where the sunlight is plentiful,


Right now, one of the maids who just finished her morning work is taking a deep breath by the window.



(Hah, good job, finally it's finished!)



She looked at the outside vaguely with a broom in one hand.


A sort of soft light like a twilight were there deep behind her eyes.


She saw a rich green of the wood, a shining lake, and a small but lively cityscape.


The sound of birds and the roar of trees are


Mixed with the chattering voices of the people who come and go,


It was a very live and fun atmosphere.


Her fatigue was released in no time and only the peace was delivered.


That was, the very scene that she has long dreamed of.




The heavy rain last night seems to be just a dream.


Such a fine day today with raindrops reflecting the light in various places that's almost dazzling.


You see, the beautiful rainbows over here and there!



"Wow, what a lucky day!"



(Hmmm...is this a sign of new love?!)



In that way, she seemed to be a little up in the air today.


Even the steps walking down the stairs sounded lighter than usual.


Only until yesterday, she had been in a huge anxiety with her eyes swollen from crying!


Girls always come back strong.


Yes, much more easily than they think.


Walking down to the first floor, she opened the entrance door vigorously and jumped outside.


And head straight to the large, beautiful garden behind the mansion.


The well-maintained garden was the perfect place for a walk to rest between works.


Feeling the warm rays of the sun over her back and slowly walking around the block,


She sat down under a big sycamore tree.


A gentle breeze that patted her skin and passes by.


As she closed her eyes hearing the birds singing, her eyelids gradually became heavier and heavier...


Then, in a shallow sleep,


She once again dreamed of her childhood memories.





A white dress full of lace ruffles,


Two yellow butterflies fluttering around on the lawn,


Dandelion wreath following the others,


The heart shaped cookie that I cut out for the first time,


A big apple caramel candy at the festival,


Beautiful geometric patterns in the kaleidoscope that changes with each role,


Colourful bracelets made of Lily yarn,


The green eyed cat of next door neighbour,


Jewel-shaped candy ring,


For the colourful scented balls that I collected crazy


A imitation initial necklace shared with a best friend.


And...


A beautiful summer night sky covered with shining stars...




She was filled with eternal freedom and curiosity back then.


The heartbeats of childhood when the time seemed endless


Are always stored deep inside.


Each of those memories has a sweet scent like cinnamon.


I wonder if someone is keeping them safely as to guard?


Because they won't break to disappear so easily like soap bubbles do.


The place where grown-up woman can return to a little girl at any time is always there


if she only reaches out.




When the wind blew once,


One green-eyed cat appeared from somewhere and suddenly slept on her knees,


And it surprised her for a moment to woke her up.



(Oh, she isn't like my neighbour's cat, she exactly is! )



"Hey, where did you come from?"


Still lost between her dream and reality, she gently patted the cat's body.


The cat didn't answer anything but a pleasant expression oh her face.


She was very happy, remembering each piece of her dream


And imagining her new dreams to come true from here.



(You're really lucky, cat. Just like me.)



After a while, when she looked at her wrist watch and cried,


"Oh dear! It's so late already!!!"


She jumped up in a hurry and returned to work again.


That view was just like a tomboy, bubbling and innocent as she once was.




So what happened to the cat left behind?


She seemed aloof of everything and just stretched her back and walked away.


Quite nonchalantly but with a very satisfying footstep. .. ..


*



With lovely motifs and inquisitive details with slightly a retro touch,


POÉTIQUE les bijoux's "D R E A M" collection reflects the pure sensibilities like a little girl lives in a woman.


When a matured woman look more beautiful ...


There are new challenges and new dreams she wants to come true.


Always with everlasting curiosity and such innocence inside.


Being a dream catcher herself swaying in the breeze and reflecting the light.




Never forget to be a dreamer girl!

Dream on....



With Love,


A.

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page