DELICATE AS GOLD, BOLD AS FLOWER 
DESIGN BY AI SUZUKI

“Like perceiving different stories in a picture,

When a piece of jewellery transforms itself into silent words,

It becomes an impression, which delivers a story of its wearer.

Subtly veiling the details like perfume,

her existence only floats.

How a pure and poetic art that is”

Established in 2017, POÉTIQUE jewellery is designed and produced by Ai Suzuki in her small atelier in the heart of Tokyo. After graduating Central Saint Martins College of Art & Design in London, she worked in fashion industry for several years and as well as working as a freelance illustrator, Ai personally developed her concepts to establish her own jewellery line. “POÉTIQUE” – French term for “Poetic” which symbolises romance and fragility within Ai’s creations as well as reflections on her ideas on how jewellery should be evaluated. She wishes that each piece to demonstrate a profound expression of the wearer that makes herself most appealing while effortlessly conveying elegance. Her inspiration taken from one single flower to the historical art works, from her personal stories to fading memories and emotion that evoke inside, all of which make the brand quite unique and timeless. “Soft as Gold, Bold as Flower” – Within its design concept, it holds the image of a woman who has a firm determination and confidence but at the same time carries a delicacy and elegance inside. In order to achieve this, Ai combines the quality of hardness and softness into a piece to create the beauty which she believes exists between the two opposites such as feminine & masculine, light & dark, subtle & direct, classic & modern etc.  In addition, what makes her jewellery quite distinctive is that the way she leaves the trace of raw handmade-ness in each piece for tactile authenticity.  Ai says, "the story behind one piece of jewellery is what connects our mind and a product and that's what jewellery is all about really, because that makes us happy."  POÉTIQUE offers bespoke service with whoever wishes to take the piece on more personal level bringing the ideas and unique stories, and is delighted to share the passion for creating one off jewellery that will be appreciated and valued through life time. 

  *  *  *  *  * *

「金のようにしなやかに、花のように大胆に」

一枚の絵の中に物語を読み解くように、

ひとつのジュエリーが音のない「言葉」に変 わる時、
それは「印象」となって身につけた人を
静かに語り始める。

パルファムのように全ては明かさず、

その人の存在をただそっと漂わせるだけ。

それはとても純粋でPOÉTIQUE(詩的な)技。

ジュエリーブランド「ポエティーク」は2017年にデザイナーの鈴木阿以によって設立されました。ロンドンのセントラルセントマーチンズにてジュエリーデザインを学び、卒業後はファッション業界やフリーランスのイラストレーターとしての仕事に携わりながらジュエリー制作を続け、自身のブランドをスタート。仏語で「詩的な」を意味する”ポエティーク”という名には、彼女のロマンティックで繊細なクリエーションを示唆しているだけでなく、彼女が考えるジュエリーの在り方、エフォートレスにエレガンスを纏いながらもその人を最も魅力的に見せるもの、そしてその人の内側を誠実に映し出すもの、という考えも含まれています。彼女のユニークでタイムレスな世界観は、一輪の花から歴史的アート作品、個人的なできごとから消え行く記憶、そしてそこから生まれる感情などからインスパイアされて作り上げられています。”金のようにしなやかなに、花のように大胆に”・・・そのフレーズに込められているのは強い意志と自信をもちながらも繊細さと品を秘めた女性像。ポエティークが目指すデザインは、相反する2極間に存在する”美”、例えばフェミニンとマスキュリン、明と暗、さりげなさとダイレクト、クラシックとモダンなどを表現することにあります。そして、一点一点丁寧に作り上げられる彼女のジュエリーは、手に取った瞬間にハンドメイドの本物の温もりを感じることができます。

デザイナーいわく、「ジュエリーと人を繋いでいるのはその背景にあるストーリーや思い。ジュエリーの本当の価値は、そこに幸せを感じること。」ポエティークは、オーダーメイドによるジュエリーの制作も承っています。お客様のアイデアやストーリーを取り入れてもっとパーソナルでオリジナルの一点を一緒につくりあげていくことができたら光栄です。